業務用Wi-Fiルーター選びのポイントとおすすめの製品

店舗やオフィスなど仕事で使うWi-Fiを構築するなら、業務用のルーターを使いましょう。家庭用Wi-Fiルーターと業務用Wi-Fiルーターでは求められる性能も能力も異なります。業務用Wi-Fiルーターでは「ネットにつなぐ」以外のどんな機能が必要なのか、業務用Wi-Fiルーターの選び方から、おすすめの機種までご紹介します。

業務用Wi-Fiルーターの選定ポイント

セキュリティ対策がしっかりしているか?
サポートが充実しているか?
初期費用がどれぐらいかかるか?
同時接続は何台まで可能か?
ゲストWi-Fiを利用できるか?

業務用Wi-Fiルーターを設置するための初期費用や月額料金といったランニングコストがかかることを考慮する必要があります。
Wi-Fiトラブルの発生は、業務停止につながる危険性があります。こうした事態に対応できる人員が社内にいない場合は、サポートが欠かせません。復旧まで面倒をみてくれる委託先があるかも業務用Wi-Fiルーター選びには必要な選定基準と言えます。
電波が届く範囲内でできるだけ同時に接続できる台数が多い業務用Wi-Fiルーターを選ぶのがベターです。具体的には、その場でWi-Fiを使うと想定される人数×接続する機器数で計算しましょう。
暗号化方式の「WPA2」または「WPA3」方式を採用している業務用Wi-Fiルーターを選びましょう。
そのほかにもSSIDのステルス機能も重要になってきます。SSIDのステルス機能とは、アクセスポイントであるSSIDを接続機器(パソコンやスマホなど)から見えないようにする機能です。
ゲストWi-Fiは打ち合わせや商談をスムーズに行える以外にも、集客面でのメリットもありますので、この点も業務用Wi-Fiルーター選びのポイントになります。

 

もっともおすすめの業務用高性能ルーターはルイジェRG-EG3250

インターネット監査コンプライアンス

6か月以上の監査ログを提供する一体型ストレージ(1TB)

L7ディープパケットインスペクション(DPI)

43を超える種類、120のアプリケーション
無料(無期限)の署名更新

柔軟なフロー制御ポリシー(4クラスの優先度)

柔軟な認証

キャンパス:学籍番号でのポータルログイン

小売:時間制限付きのワンクリック/Facebookログイン

ホテル:時間制限とレート制限付きのバウチャーコード

オフィス:すべてのスタッフに一意のワンタイムパスワード(PPSK)を提供

Ruijieクラウドとの統合

中小企業向けエンタープライズ版クラウドでクラウド監視、クラウドメンテナンス、クラウドアップグレードとクラウド認証を対応します。

Comments are closed